*システムデザイン論研究室へようこそ [#y1515bfb]
#ref(top_concept_fig.jpg,nolink,center,100%);
//&ref(OpenCampus2008.jpg,center,50%);
システムデザイン論研究室では,情報メディア,感性情報,発達・学習を3つの柱に,それぞれの境界領域に着目して「システムがどのようにデザインされるべきか」について研究をすすめています.
また「既存の問題をどう解決するか」ではなく「何を創り出すべきか」という立場をとり''アートと工学の再融合''を目標に掲げています.
詳しくは[[研究内容]]を参照してください.

**お知らせ [#x136867f]
-[[IEDC2017 in Hokkaido>https://sites.google.com/site/iedc2017/]] 開催します
-2017/2/23 客員研究員Kullapa SORATANAさん(タイ・ナレスアン大学より六週間の予定で来学中)による特別講演が行われました。
-2017/2/23 客員研究員Kullapa SORATANAさん(タイ・ナレスアン大学より6週間の予定で来学中)による特別講演が行われました。
#ref(20170223.jpg,nolink,left,50%);
-2017/2/20 博士研究員のPATITED Patchaneeさんが第43回知能システムシンポジウムで発表した「An Analysis of Collaboration Outcomes: Multi-disciplinary team in Design workshop」が2016 計測自動制御学会学術奨励賞技術奨励賞を受賞しました.
#ref(2016SICE_award.jpg,nolink,left,50%);
-2016/9/9 Woramol CHAOWARAT,Hidetsugu SUTO, Takahiro YOKOIの論文,「An Evaluation Method of Supply Chain Efficiency Considering Customers' Satisfaction」が2016 日本感性工学会論文賞を受賞しました.
#ref(2016JSKE_award.jpg,nolink,left,80%);
-[[ICESS2016>http://sdiwc.net/conferences/second-international-conference-on-electronics-and-software-science/]] 博士研究員のPATITAD Patchaneeさんが発表します.
-博士研究員のPATITAD Patchaneeさんの研究が,[[平成27年度第2回国際交流 研究助成事業>http://www.nakayama-zaidan.or.jp/activity-grant04.html]]に採択されました.おめでとうございます (2016年6月10日).
-博士前期課程修了の張 紫傑さんが,優秀な卒業生に送られる「蘭岳賞」を受賞しました.おめでとうございます.
#ref(J_rangakusho.jpg,nolink,left,50%);
-第2回 ビブリオバトル世界大会中国人予選を開催します.
--日時:9月4日(金)10:00〜12:00
--場所:室蘭工業大学R棟・V棟の3階のラウンジ
--主催:室蘭工業大学システムデザイン論研究室
--今室工大にいる在学生と交流生ががその腕を競います
-[[第15回MASコンペティション>http://mas.kke.co.jp/modules/tinyd3/]]の事前選考を通過して参加が決定しました.
--日時:2015年3月6日
--場所:コングレスクエア中野コンベンションホール
--発表題目:エアコンをもつ家の配置と消費電力量との関係
--発表者:吉木輝海

-情報メディア工学特論B(大学院生向け授業)の中で作成した作品が[[アーバンデータチャレンジ2014>http://aigid.jp/?page_id=421]]アイディア部門の予選を通過し,[[ファイナルステージ>http://aigid.jp/?p=1091]]でプレゼンテーションできることになりました.応援よろしくお願いします.>>詳細は[[こちら>http://aigid.jp/?p=1091]]
--日時:2月28日(土)13:00〜18:30
--場所:中島商店会コンソーシアムほっとなーる(室蘭会場)
--''アイディア部門で「銀賞」を受賞しました!''

-第3回 ビブリオバトル室蘭工業大学大会(学長杯)を開催します.
--日時:1月31日(土)14:00〜15:30
--場所:室蘭工業大学VRシアター
--主催:室蘭工業大学システムデザイン論研究室 協力:いぶりびぶりぶ♪
--道内の各イベント実施団体より推薦して頂いたバトラーがその腕を競います
-[[International Design workshop 2014 in Chiang Mai, Thailand>IDW]] 無事終了しました

-[[第13回MASコンペティション>http://mas.kke.co.jp/modules/tinyd3/]]の事前選考を通過して参加が決定しました.
--日時:2013年3月1日
--場所:(株)構造計画研究所 本所新館地下1階レクチャールーム
--発表題目:ゲーム理論を用いたトレーディングカードゲーム市場の分析
--発表者:上野恭平
-ビブ部の活動がNHKジャーナル(NHKラジオ第1)で紹介されました.
--[[10月18日(木)「読書の秋を“ビブリオバトル”で」>http://www.nhk.or.jp/r1/journal/pickup.html]]
//LEFT:[[>>ビブリオバトル詳細情報>ビブリオバトル]]
-感性工学(日本感性工学会誌) 第11巻1号(2012年4月30日発行)の「研究室紹介」に当研究室の紹介記事が掲載されました.
-「ロボットリテラシー教育の基礎構築と教材の開発」が科学研究費 挑戦的萌芽研究(H23〜H25)に採択されました.
-「ユーザの概念モデル可視化によるデザイン支援システムの開発」(分担)が科学研究費 基盤研究(C)(H23〜H25)に採択されました.





RIGHT:[[>>過去のお知らせ>Backnumber/2006]]


**本研究室が求める学生 [#ff72404e]
***学部生 [#kc4eaa5f]
#ref(OpenCampus2008.jpg,right,around,50%);
システムデザイン論研究室は,みなさんが学んできた工学的な知識を人間社会に応用するためのさまざまな研究を行っています.そこでは今まで学んできた情報工学や数学の知識と併せて,人間や社会についての知識が必要になります.その知識を1年間で身につけ,自分自身のアイディアを創り上げていくことはとても大変です.また1年間だけではこの分野の楽しさに気づく頃には卒業になってしまいます.そこで私たちは''基本的に大学院進学希望者を求めています''.配属を希望する学生は進学について具体的に検討しておいてください.


また本研究室の学生には「自分は何をしたいのか」ということについてじっくりと向き合ってもらうことになります.やるべき事が与えられないと安心できない学生には向いていません.逆に,いろいろなモノゴトを探究することに面白さを感じる学生に向いている研究室です.
研究だけではなく学生の社会性も要求します.人間的な成長を期待しています.


***大学院生 [#r0e30932]
本研究室は,他学部や他大学からの進学を積極的に受け入れる方針です.とくに社会科学,心理学,教育学,デザイン(美術)などの分野に興味のある学生を歓迎します.また,社会人ドクター(博士後期課程)についても受け入れる準備があります.私たちの研究内容に興味をもった方は気軽に問い合わせてみてください.



----
RIGHT:(C) 2006,2009- Suto Laboratory All rights reserved

※このページは MacOS-X + FireFox2.0 に最適化されています.

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS